探偵
心霊探偵八雲

日記

探偵とは?

心霊探偵 八雲関連についての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/ミステリ からの情報>

探偵
推理小説には、いわゆる「名探偵」が登場して事件を解決することが多いが、専業の探偵の登場しない推理小説も多い。このため、警察官や検事、弁護士なども含めて、推理小説における謎を解決する人物の総称として探偵役などのようにいう場合もある。

特にその探偵役が主婦や学生などの場合は、(いわゆる「日常の謎」派の探偵をのぞき)「素人探偵」と呼ぶことがある。特に有名な探偵については、架空の探偵一覧を参照。

日記

ミステリーというジャンル名

心霊探偵 八雲関連についての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/ミステリ からの情報>

ジャンル名

日本ではかつて探偵小説と呼ばれていたが、第二次大戦後、「偵」の字が当用漢字に入れられなかったため、「探てい小説」と混ぜ書きで書くことになった。しかし、これを「みっともない」として「推理小説」という言葉が作られ、一般的になった。

1946年に雄鳥社が「推理小説叢書」を発刊した時に、その監修者の木々高太郎が命名したという説もある。「偵」の字は1954年の当用漢字補正案で当用漢字に入れられたが、既に「推理小説」という言葉が広まっており、「探偵小説」に戻されることはなかった。

「探偵小説」は、ジャンル名としては廃れていったものの、ロマン的な響きを持つため、未だ愛用している人も多い。英語の"Detective Novel"、"Detective Fiction"の訳語でもある。

また、「ミステリー小説」(あるいは「ミステリ小説」)、もしくは単に「ミステリー(ミステリ)」とも呼ばれる。最後の長音の有無は、理系用語でメモリ節約のためにデーターをデータ、コンピューターをコンピュータと略する習慣が適用されたものらしいが、ここに重大な差異を見出して別物と定義する人もいる。

日記

推理小説の名探偵

心霊探偵 八雲関連についての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/探偵 からの情報>

推理小説の名探偵
「名探偵」を主人公とする小説は欧米の探偵小説がルーツで、事件捜査の中心人物とされることが多い。上述のように、これは日本の現実の探偵・調査業者の実態とはかけ離れた存在である。

主人公(必ずしも探偵を職業にしているとは限らない)が探偵行為を行う小説を、かつては「探偵小説」と呼んでいたが、現在は「推理小説」という。名探偵・架空の探偵一覧を参照。
<主な関連ブログ>
ブラインドタッチバトン/エロい動画!無料サンプル/毎日ついみちゃうサイト//久々のバトン♪/左利きに光を/強制バトンだって。/明日はお休みですv/髭にようこそ!/無題/ハイキック/探偵

日記

推理小説の誕生

心霊探偵 八雲関連についての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/ミステリ からの情報>

推理小説の誕生
世界初の推理小説は、一般的にはエドガー・アラン・ポーの『モルグ街の殺人』(1841年)であるといわれる。しかし、その数年前にチャールズ・ディケンズも半推理・半犯罪小説の『バーナビー・ラッジ』を書いているほか、100年程前に書かれたヴォルテールの『ザディグ』(1747年)の一編『王妃の犬と国王の馬』も推理に重きが置かれている。

さらには『カンタベリー物語』、『デカメロン』、聖書外典『ダニエル書』の『ベルと竜』やヘロドトスの『歴史』にも推理小説のような話が収録されており、どこに端を発するかという議論は果てしない。
しかし、確実にいえるのは、1830年代にイギリスにおいて警察制度が整ったことにより、犯罪に対する新しい感覚が生まれたということである。1830年代に一世を風靡したニューゲート小説は、ニューゲート監獄の発行した犯罪の記録を元に書かれた犯罪小説であり、後の近代推理小説が生まれる基盤を作ったといえるだろう。

また、権利と義務の体系が整い、司法制度や基本的人権の尊重がある程度確立した社会が成立していることも、推理小説に欠かすことのできない要素であると考えられる。
推理小説と言うジャンルの確立には警察組織の存在が大きかった。法を手に犯罪者を捕らえる新しい形のヒーローが誕生した裏側には、また急速に都市化が進んでいくイギリスにおいて、都市の暗黒部に対する一般市民の不安が高まっていた、という歴史的事実も見逃せない。また都市化に伴うストレスのはけ口として、「殺人事件」というモチーフの持つ非日常性が必要とされていたという見方もある。

日記

神永 学(かみなが まなぶ、1974年 - )

心霊探偵 八雲関連についての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/神永学 からの情報>

神永 学(かみなが まなぶ、1974年 - )は日本の小説家である。山梨県出身。日本映画学校卒業。『赤い隻眼』でデビュー。

作品
いずれも文芸社より出版。
心霊探偵 八雲
心霊探偵 八雲 赤い瞳は知っている(2004年10月発行)ISBN 4835583442
心霊探偵 八雲2 魂をつなぐもの(2005年3月発行)ISBN 4835591046
心霊探偵 八雲3 闇の先にある光(2005年7月発行)ISBN 428600001X
心霊探偵 八雲4 守るべき想い(2005年11月発行)ISBN 4286000087
心霊探偵 八雲5 つながる想い(2006年3月発行)ISBN 4286000028
心霊探偵 八雲6 失意の果てに (2006年12月発行)ISBN 4286000044
山猫 (2006年7月29日発行)ISBN 286000036C0093

連載
心霊探偵 八雲 外伝それぞれの願い(B-Quest連載)

日記

テレビドラマ心霊探偵八雲

心霊探偵 八雲関連についての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/心霊探偵_八雲 からの情報>

テレビドラマ
2006年4月3日から同年6月26日までテレビ東京(関東ローカル)で放送。
2006年10月11日より、SKY PerfecTV!ミステリチャンネルで放送。
2006年11月17日から2007年2月16日までは
YAHOO!動画で無料配信されている。

キャスト
斉藤八雲:與真司郎
小沢晴香:石井めぐる
土方真琴:石坂ちなみ
後藤和利:山崎直樹

石井雄太郎:田辺伸之助
島村恵里子:中村綾
井上麻美:長澤奈央
ほか

スタッフ
制作プロダクション:トルネード・フィルム
企画・製作:フォーサイド・ドット・コム
脚本・編集・監督:山本清史、寺内幸太郎

日記

心霊探偵八雲の主な登場人物

心霊探偵 八雲関連についての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/心霊探偵_八雲 からの情報>

主な登場人物

斉藤八雲
死者の魂が見える左目をもった大学生。口はかなり悪く、ひねくれ者である。猫に似ている。

小沢晴香
八雲の同年代の友達であり助手(?)。八雲に惹かれている。

後藤和利
幼い頃からの八雲を知る刑事。母親に殺されそうになった八雲を助けたことがある。

石井雄太郎
後藤の部下。晴香に恋している。

畠秀吉
変態検死官。人の死に興味を持っている。

斉藤一心
お寺の住職。八雲の伯父。

奈緒
八雲の従姉妹。耳が不自由。

斉藤梓
八雲の母親。まだ幼い八雲を殺そうとした。その後、失踪。現在、消息不明。

両目の赤い男
全てが不詳の男。

日記

心霊探偵八雲外伝

心霊探偵 八雲関連についての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/心霊探偵_八雲 からの情報>

外伝
いずれもB-Quest連載
『心霊探偵 八雲 外伝それぞれの願い』
<前編>
<後編>

日記

心霊探偵八雲 既巻一覧

心霊探偵八雲 関連についての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/心霊探偵_八雲 からの情報>

既巻一覧
いずれも文芸社より出版。
心霊探偵 八雲 赤い瞳は知っている(2004年10月発行)ISBN 4835583442
心霊探偵 八雲2 魂をつなぐもの(2005年3月発行)ISBN 4835591046
心霊探偵 八雲3 闇の先にある光(2005年7月発行)ISBN 428600001X

心霊探偵 八雲4 守るべき想い(2005年11月発行)ISBN 4286000087
心霊探偵 八雲5 つながる想い(2006年3月発行)ISBN 4286000028
心霊探偵 八雲6 失意の果てに (2006年12月発行)ISBN 4286000044

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。